徒然な情報ブログ

情報を書いています。相互リンク募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北九州市のがれき、説明会

宮城県石巻市の震災がれき80トンの試験焼却を終え、焼却工場と埋め立て処分場を抱える4区で8日に始まった北九州市の住民説明会。第1弾となる小倉北区の会場では入り切れなかった人が多くいたという。


小倉北区の説明会は定員165人。


自治会関係者はすんなりと場内に入れたが、それ以外の人は、焼却工場のある日明地区▽小倉北区▽その他の市内外--と居住地で3区分された整理券が配られた。


定員150人に190人が来場したという。


6日に開いたタウンミーティングでは1000人が詰め掛け、怒号が飛び交い、会場は騒然としていたのだそう。



開場前に300人近くが列を作り、周辺では受け入れに反対する住民がチラシを配り、北九州市は職員60人のほか、警備員40人を配置して手荷物検査を実施。予定の2倍となる約1000人が集まるなど、物々しい雰囲気となったそうな。



環境省の山本昌宏・廃棄物対策課長が「現地の処理施設を最大限使ったうえで、できないものをやろうとしている」


バグフィルターは保証されたものではないという問いに「東日本の多くで排ガスをモニタリングしているが、信頼性が高いと思っている」


宮城県知事や石巻市長らと電話で話し、「毎日、市民はがれきの中で暮らしている。遠く離れた地で支援をしようという手を差し伸べてくれれば、復興に新しい道が開けるかもしれない」




北九州市では修学旅行の延期も出るなど、影響が出ていますが大丈夫なのですかね?


企業が多い東京とは違い、農業や観光などが支えている地域なだけに、どうなることか。


求人も少ない地域でしょうに。


細野豪志も、国が責任を持って対応するという言葉の意味はまさか、安全です!のPRでしょうか。


原子力原発も災害にも強い、安全と言いながら、その後はまさかの事態だったと言い訳するのですし、今回のがれきでももし指定以外の有害物質が出た場合には、想定していなかったと言い訳するかもしれません。


タレントの藤本美貴の焼肉店

タレントの藤本美貴(27)がイメージキャラクターを務める焼き肉チェーン「炭火焼肉・ホルモン美貴亭」藤沢街道大和店(神奈川県大和市)を運営する「ももじろうグループ」は「藤本さんの名前を借りただけ。運営には関わっていない」「ミキティ考案」のメニューもミキティは関わっていなかったことを明らかにした。



昔小倉優子が自分が経営するとかいう焼肉店が出て、知らないうちにこういう店が出た、びっくりしたと話していました。


たしか松本伊予も自叙伝を出して「オールナイトフジ」で「今度、出す本の見所は?」と聞かれ、「まだ 読んでないからわかりません。」と言い、ゴーストライターが書いた本であることが明らかになりましたが。


スベルティ 飲んでチョーキレイ のクチコミ

スベルティ 飲んでチョーキレイは便秘改善のサプリメントですが、キダチアロエエキス末、ドクダミエキス末、ハトムギエキス末、クエン酸、硫酸マグネシウム、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、酵母醗酵米などなど成分が多く入っているのでサプリメントのような感じにも見えます。


クチコミでも効果があるということでも人気がありますし、やはり便秘というのは改善すると体重は落ちますし、腸に長く便が溜まっていと太る気分にもなるので、毎日快便の方がダイエットにも良いみたいですね。


サプリメント系は薬のような抵抗感を感じることなく飲めます。

120粒[スベルティ]





日本の人口が減り続け、現象幅最大、外国人も

総務省は17日、2011年10月1日現在の人口推計を発表した。総人口は1億2780万人で、前年と比べ25万9千人(0.2%)減。比較できる統計がある1950年以降、最大の下げ幅となった。

話題になっているニュース→ブログランキング


外国人の減少に拍車がかかったことが背景にあるとみている。


出生者数から死者数を引いた「自然増減」が過去最大の18万人減となり、少子高齢化が進んでいることが改めて裏付けられた。

入国者数から出国者数を引いた「社会増減」も7万9千人減り、このうち外国人がこれまでで最も多い5万1千人を占めた。


外国人の減少は08年のリーマン・ショックによる世界不況の影響で続いていたが、東日本大震災があった11年は出国が相次ぎ、さらに減少傾向が強まった。残りの2万8千人は日本人。

震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県では、多数の死者が出たために出生者に対する死者の割合が前年と比べて上昇。県外への転出率も宮城と福島で大幅に増えた。





福島はマイナス1.93%(3万9千人)、岩手と宮城も大きく減って同1.21%(1万6千人)、同0.91%(2万1千人)となった。

自然増が多かった沖縄や滋賀と、都市圏の東京や埼玉、福岡、愛知など計7都県では人口が増えた。国内の人口は05年に戦後初めて減少し、翌06~08年はいったん増加に転じた。09年に減少したが、10年は再び増えていた。


千葉県や大阪でも人口減少となったそうで、千葉県は原発の影響かもしれませんが、5年間で10万人とかそれ以上増えていた都道府県でしたから意外ですね。

大阪は不思議と昔から増えても1万人とかで、急増はしないのですよね。



イチローの夫人、弓子は資産運用も

イチローはこれまで200億円を稼いだのだそう。

「弓子夫人は今、シアトルで実業家として知る人ぞ知る存在です。今では夫がいままでに稼いだ累計200億円を超えるとも言われる資金をバックに、“実業家兼イチローの代理人”として、活躍しているんです」(アメリカ・シアトルの野球関係者)

7年前、夫妻は莫大な資金を管理する会社『IYI』を設立。

シアトルで美容サロン『エン サロン』の経営

「弓子さんが手がける不動産、美容サロン経営などのビジネスで動かしている金額は、合計100億円規模にのぼるといわれます」




たしかイチローはシアトルの住まいも中古物件にするなど、あまり派手にはお金を使わないそうですが。

不動産は景気などによっても左右されるので、リスクはそこそこ大きいでしょうか。

それを考えるとプロのような人のアドバイスは受けているのでしょうかね。

200億円をそのままとっておいてもよさそうな気はしますが。


イチロー、弓子夫人、資産運用、実業家


« Prev|Top|Next »

HOME

ぴーたん

Author:ぴーたん
現在相互リンク募集中です。声をお掛けください。

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。