徒然な情報ブログ

情報を書いています。相互リンク募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の人口が減り続け、現象幅最大、外国人も

総務省は17日、2011年10月1日現在の人口推計を発表した。総人口は1億2780万人で、前年と比べ25万9千人(0.2%)減。比較できる統計がある1950年以降、最大の下げ幅となった。

話題になっているニュース→ブログランキング


外国人の減少に拍車がかかったことが背景にあるとみている。


出生者数から死者数を引いた「自然増減」が過去最大の18万人減となり、少子高齢化が進んでいることが改めて裏付けられた。

入国者数から出国者数を引いた「社会増減」も7万9千人減り、このうち外国人がこれまでで最も多い5万1千人を占めた。


外国人の減少は08年のリーマン・ショックによる世界不況の影響で続いていたが、東日本大震災があった11年は出国が相次ぎ、さらに減少傾向が強まった。残りの2万8千人は日本人。

震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県では、多数の死者が出たために出生者に対する死者の割合が前年と比べて上昇。県外への転出率も宮城と福島で大幅に増えた。





福島はマイナス1.93%(3万9千人)、岩手と宮城も大きく減って同1.21%(1万6千人)、同0.91%(2万1千人)となった。

自然増が多かった沖縄や滋賀と、都市圏の東京や埼玉、福岡、愛知など計7都県では人口が増えた。国内の人口は05年に戦後初めて減少し、翌06~08年はいったん増加に転じた。09年に減少したが、10年は再び増えていた。


千葉県や大阪でも人口減少となったそうで、千葉県は原発の影響かもしれませんが、5年間で10万人とかそれ以上増えていた都道府県でしたから意外ですね。

大阪は不思議と昔から増えても1万人とかで、急増はしないのですよね。



« カキタンニン配合 柿渋石鹸送料無料|Top|ブラックマヨネーズの吉田敬の結婚はある? »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://greenpopt.blog45.fc2.com/tb.php/90-134e982f

Top

HOME

ぴーたん

Author:ぴーたん
現在相互リンク募集中です。声をお掛けください。

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。