徒然な情報ブログ

情報を書いています。相互リンク募集中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森永卓郎

なぜ日銀は、わざと景気が失速するような金融政策を採るのか。

社会保障と税の一体改革関連法案の審議が始まり、この日の最後の質問に立ったみんなの党の江田憲司幹事長は、1000兆に達した国の借金を持続的に返済していくためには、経済成長を続けていくしかないのではないかと野田総理を追及した。それに対して

「経済成長した場合、成長に伴う金利上昇により国債費が増加することにも留意をすることが必要であり、経済成長による増収等に頼るのみでは、毎年1兆円規模になる社会保障費の自然増などに対応し、財政の持続可能性を確保することは困難と考えております」

つまり、野田総理は経済成長をすると金利が上昇する。金利が上昇すると国債の利払いが増えてしまうから、財政再建が難しくなると言ったのだ。

しかし、景気回復の先送りは、本当に正しいのか。確かに景気回復には大きなリスクを伴う。しかし、チャレンジしなければ、日本経済は縮小均衡に向かうばかりだ。


ポストセブン


財政改善には経済成長、規模を拡大していかないと難しいという意見もありますが、リスクもあるのですか。


経済を悪いままにして増税していくということですかね。


生活は厳しくなるということでしょうか。


« 宇多田ヒカル、原発を語る|Top|山本太郎割鞘ジュリ夫婦と義父の確執 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://greenpopt.blog45.fc2.com/tb.php/107-3d1d8114

Top

HOME

ぴーたん

Author:ぴーたん
現在相互リンク募集中です。声をお掛けください。

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。